活動資金で協力をしたい
赤十字活動資金のご協力について
赤十字の活動資金
 日本赤十字社は営利を求めない認可法人であり、青森県支部の活動資金のおよそ9割は、県民の方々が拠出する社資(社費・寄付金)で賄われています。これは日本赤十字社がいかなる状況においても、人種・宗教・政治などに左右されることなく、中立の立場で活動できるよう、政府の補助金などには頼らないという考えにもとづくものです。

社員と社資(社費・寄付金)

 日本赤十字社法第4条により、「日本赤十字社は、社員をもって組織する」と定められています。社員とは、赤十字の目的や活動に協賛し、年額500円以上の一定額を社費として拠出する個人または法人(団体)の方々のことです。このことは、社員を会員、社費を会費と言葉を置き換えても良いでしょう。また、赤十字活動資金の協力には、社費としてではなく、一時限りの寄付金として納める方法もあります。また年額500円未満のご協力も寄付金となり、これら社費と寄付金を合わせて社資と呼んでいます。

赤十字社員増強・社資増収運動
 社員の募集は年間を通じて行っています。なお青森県では、社員ならびに社資募集の効果をあげるため、毎年2月を強調月間に定め、協力促進にかかる広報展開などに努めています。

社員加入と社資納付のご協力方法
 自治会(町会)役員・民生委員等の赤十字奉仕者が年1回、各世帯を訪問した際に社員加入と社資納付にご協力いただいております。また、それ以外のご協力方法には下記の方法があります。

1)日本赤十字社青森県支部、または在住地の市役所・町村役場の赤十字担当窓口で取扱いをしています。(弘前市、板柳町、西目屋村は社会福祉協議会)


2)口座からの引き落としにより社費を納付できます。社費額は、年額2千円以上の金額で協力者が自由に設定することができます。なお、引き落としによる社員加入には次のふたつのタイプがあります。

《通常の社員としてのご協力》
日本赤十字社の表彰規則が適用され、納付額の合計が2万円に達したときに特別社員の称号が贈られるなどの表彰が受けられるもの。なお、表彰は申込みの際に表彰を希望された方が対象となります。

この協力についてもっと詳しく知りたい方(個人・法人・団体)
 

《誕生メモリアル社員としてのご協力》
10歳以下の小さなお子さまがいる方を対象としています。日本赤十字社の表彰規則は適用されませんが、日本赤十字社青森県支部オリジナルの特典があります。

この協力についてもっと詳しく知りたい方


3)クレジットカードにより納付する方法
利用できるクレジットカードは、VISA、MASTER、JCB、AMEK、DINERSです。この協力についてもっと詳しく知りたい方は下記のいずれかをお選びください。

この協力についてもっと詳しく知りたい方(個人・法人・団体)
  

4)銀行・郵便局から振込みにより納付する方法
ご希望の方に振込手数料が免除される振込用紙を送付いたします。
送付を希望される方は、日本赤十字社青森県支部組織振興課までお申し出願います。

協力にともなう表彰や税制上の優遇措置
活動資金の協力をいただいた方には、表彰や税制上の優遇措置などがあります。
表彰、税制上の優遇措置について詳しく知りたい方

法人(団体)のCSR(社会貢献)活動
法人(団体)が行う日本赤十字社への協力にはさまざまなカタチがあります。

○お茶等の自動販売機の売り上げを日本赤十字社に寄付。
○御社の商品の売り上げの一部を日本赤十字社に寄付。

他にもさまざまな協力のカタチがありますので、CSR(社会貢献)活動への取り組みを検討される際はお気軽に日本赤十字社青森県支部組織振興課にご相談ください。
※日本赤十字社の承認のもとに自動販売機や商品に赤十字マークを使用することができるため、御社のCSR(社会貢献)活動にかかるPRを効果的に行うことができます。

遺贈や香典返しによるご協力
 亡くなられた方のご遺志やご遺族のお気持ちにもとづく遺贈ならびに香典返しにより、ご協力するカタチがあります。
 ご検討の際は、日本赤十字社青森県支部組織振興課にお気軽にご相談願います。

Copyright (C) Japanese Red Cross Society Aomori Branch. All rights reserved.