講習会
講習の種類と内容
講習区分 講習科目(学科・実技) 受講条件
基礎講習 ・講習科目(学科・実技) ・赤十字救急法について ・一次救命処置(CPR、AED、異物除去) 15歳以上
救急員養成講習 ・講習科目(学科・実技) ・救急法救急員について ・急病 ・けが ・きずの手当 ・骨折の手当 ・搬送 ・救護 基礎講習合格者
基礎+救急員養成講習 ・救急法基礎講習会の内容 ・救急法救急員養成講習会の内容 救急員養成講習(2日目〜3日目)からの参加も可
短期講習(AED) ・赤十字救急法に基づく心肺蘇生法の知識と技術 ・赤十字救急法に基づくAEDの取扱い 15歳以上の健康な方
短期講習 ・希望の講習内容を短時間で実施します。 なし
「救急員」資格継続研修 ・・救急法基礎講習の内容(約2時間) ・・救急法「救急員」養成講習の内容(約2時間) 平成26年4月1日〜平成27年3月末日までに「救急員」に認定された方。資格確認のため、認定証をご持参下さい。
講習区分 講習科目(学科・実技) 受講条件
救助員T養成講習 ・講習科目(学科・実技) ・赤十字水上安全法について ・水の事故防止 ・泳ぎの基本と自己保全 ・救助 ・応急手当 15歳以上、500m以上クロールまたは平泳ぎ、潜行15m以上など
救助員U養成講習 ・海、河川及び湖沼での事故防止 ・泳ぎの基本と自己保全 ・事故者の救助 ・応急手当 赤十字水上安全法救助員Tの資格を有する者
「救助員」資格継続研修 ・・救急法基礎講習の内容(約2時間) ・・「救助員」養成講習の内容(約2時間) 平成26年4月1日〜平成27年3月末日までに「救助員」資格取得された方。資格確認のため、「救助員」認定証をご持参下さい。
短期講習 ・希望の講習内容を短時間で実施します。 なし
救急法基礎講習+救助員T養成講習 ・一次救命処置(救急法基礎講習) ・赤十字救急法について(救急法基礎講習) ・講習科目(学科・実技) ・赤十字水上安全法について ・水の事故防止 ・泳ぎの基本と自己保全 ・救助 ・応急手当 15歳以上、500m以上クロールまたは平泳ぎ、潜行15m以上など
講習区分 講習科目(学科・実技) 受講条件
支援員養成講習 ・講習科目(学科・実技) ・幼児安全法について ・こどもに起こりやすい事故の予防と手当 ・こどもの病気と看護 15歳以上
託児付講習会 ・幼児期に起こりやすい事故とその予防手当の実際 15歳以上
「支援員」資格継続研修 ・・幼児安全法「支援員」養成講習の内容 平成25年4月1日〜平成26年3月末日までの間に「支援員」資格取得された方。資格確認のため、「支援員」認定証をご持参下さい。
講習区分 講習科目(学科・実技) 受講条件
支援員養成講習 ・・高齢者の健康と安全 ・・地域における高齢者支援 ・・日常生活における介護 15歳以上の男女
災害時高齢者生活支援講習 ・災害が高齢者に及ぼす影響 ・気をつけたい病気や症状 ・知って役立つ技術(トランスファー、清潔、レク など) 満15歳以上
短期講習 ・希望の講習内容を短時間で実施します。 15歳以上
赤十字介護教室 〜誰もが知っておきたい介護の基本〜 ・清潔 ・移動 その1 ・移動 その2 ・着替え・食事 ・排泄
赤十字健康生活講習「支援員」)資格継続研修 ・・赤十字健康生活「支援員」養成講習の内容 平成25年4月1日〜平成26年3月末日までに健康生活支援講習「支援員」資格取得された方。資格確認のため「支援員」認定証をご持参下さい。
講習区分 講習科目(学科・実技) 受講条件
救助員養成講習 ・講習科目(学科・実技) ・雪上安全法について ・雪上の安全 ・ゲレンデの環境 ・事故防止 ・雪上における応急手当 ・スキーパトロールに必要な技術 ・雪上におけるロープ操作 18歳以上、スキー技術と救急員認定証を有する者
一般講習 ・講習科目(学科・実技) ・雪上安全法について ・雪上の安全 ・ゲレンデの環境 ・事故防止 ・雪上における応急手当 18歳以上
短期講習 ・希望の講習内容を短時間で実施します。 なし
資格継続研修

 平成21年度から、赤十字救急法救急員等の資格継続についての研修が始まりました。
 これまでは、救急員等の資格を取得して3年間の有効期間が経過した場合、当該資格を継続するためには養成講習の全課程を再受講し、検定に合格していただく必要がありましたが、平成19年4月以降に救急員等の資格を取得された方は、この研修を受講していただくことにより資格をさらに3年間継続することができます。

○継続可能な資格
 救急法救急員・水上安全法救助員・家庭看護法介助員・幼児安全法支援員の認定証をお持ちの方
 ※救急法基礎講習会のみを受講され、救急法基礎講習修了者の資格だけを有する方はこの研修の対象となりません。
 ※家庭看護法介助員は修了後、健康生活支援講習支援員に名称変更となります。

○受講資格
 平成19年4月以降に上記資格を取得され、有効期間が原則として残り1年以内の方。
 ※当該資格の有効期間中に受講していただく必要があります。

○研修時間
 4時間

○資格継続期間
 現在保有されている資格の有効期間が終了する日の翌日から3年間

Copyright (C) Japanese Red Cross Society Aomori Branch. All rights reserved.